医療機関向けがん患者の就労支援事業

問題提起

皆さまは下記のような患者の質問に対応できますか?

「がん」になったことで・・・
  • 職場の理解が得られない。
  • 職場に迷惑をかけたくない。
  • 仕事はやめた方がいいのか?
  • 就労に関する相談をどこにすればよいのか?
  • 休職はどの程度できるのか?
  • 退職後の健康保険はどうなるのか?
  • 生活保障はあるのか?
  • 年金はどうなるのか?
  • 傷病手当金について知りたい。

就労の現状・当団体の特徴

就労の現状

がんは「長く付き合う慢性病」へと変化しつつあります。その一方で定年年齢の引き上げや再雇用の義務付けで、がんの好発年齢の就労者は必然的に増えてきます。
その様な状況下で、多くの医療機関はがん患者の就労支援体制が未整備であり、がん患者は心身ともに非常に不安定な状況におかれています。
がん患者にとって治療と就労の両立に影響する要因は医学や健康的要因だけではありません。「働く意欲」、「職場環境」、「外部からの支援の有無」など様々な要因が就労との両立に大きな影響を与えます。

当団体の特徴

私どもは医療機関での勤務経験を有する専門家を主に、がん患者の就労支援チームを結成し、ワンストッブで医療機関のがん患者就労支援をサボートすべく事業を行っています。
現在、国内でもこのような取り組みが行われはじめています。しかし、最大のネックはサボートすべき専門家に「医療に関する知識・理解がない」ことです。
私どもは当初からその点を解消し、むしろ医療に関する知識・経験を有する部分を強みにしています。

NMCAのサービス①

専門家を派遣、がん患者の相談窓口を院内に設置します。

NMCAのサービス

NMCAのサービス②

就労支援のための専門的な勉強会・講演を開催します。

NMCAのサービス

支援の具体例

支援場所


がん診療連携拠点病院相談支援センター

対象


入院患者の退職時に相談
退院後の患者がその後の通院時に相談

支援スタッフ


社会保険労務士・キャリアカウンセラー(看護師)

支援方法


原則、週1回(状況に応じて変動)

支援内容


1,相談
  • 退院後の仕事に関する様々な不安や問題について
  • 社会保障について
  • 今後のキャリアブランについて
  • 社労士が労働法や雇用保険などについて説明、個別相談

(具体例)
「病気のことを言ったら、復職を取り消された」
「治療のことを会社に言わなければならないか?」

2,復職支援

医師やMSWと連携して、仕事の復帰にむけた準備を支援

3,院内セミナー

医師やMSW対象に労働法や雇用保険について

お問い合わせ よくあるご質問
新着情報